カラス、ハトのお金をかけない撃退法|安い、簡単



真っ黒なカラス。不気味なだけでなく、ごみを散乱させたり、糞(フン)、人間への威嚇や攻撃といった人に害を発生させます。

平和の象徴であるハトの糞によっても、洗濯物が汚れたり、雨樋や排水溝に糞が詰まったりと、人に害を発生させます。

このカラスやハトがもたらす「鳥害」は、もはや社会問題の一種となっています。

そこで、今回は、手軽であまり費用もかからないカラスはハトの退治方法をご紹介しましょう。
真っ黒なカラス。不気味なだけでなく、ごみを散乱させたり、糞(フン)、人間への威嚇や攻撃といった人に害を発生させます。

平和の象徴であるハトの糞によっても、洗濯物が汚れたり、雨樋や排水溝に糞が詰まったりと、人に害を発生させます。

このカラスやハトがもたらす「鳥害」は、もはや社会問題の一種となっています。

そこで、今回は、手軽であまり費用もかからないカラスはハトの退治方法をご紹介しましょう。

カラスには「釣り糸」が効果的

 カラスが一番恐れるものは、自分の目に映らないで体に触れるものだと言われています。


 それにピッタリなのが透明な「釣り糸」です。


 たとえば、ベランダの上から下まで、垂直に太めの釣り糸を10センチ間隔で数本張ります。
 カラスがベランダに近寄ってくると、この「見えない糸」に触れてびっくりします。

 カラスには、一度恐い目にあったところには近づかないという習性がありますから、もうそのベランダには近づかなくなるでしょう。

 釣りをやらない人でも、わざわざ釣具屋さんまで行かなくても、釣り糸は100円ショップで簡単に手に入りますね。

スポンサーリンク

ハ卜には「磁石」を使う

 鳥の多くは、体内に方位磁石をもっているそうです。

 実際に、八卜の頭の中からは、2ミリほどの「磁針」か発見されています。


 ハトのような鳥は、体内の方位磁石が狂うのを嫌って、磁力のあるものには近づかない習性がありますので、これを利用します。

 したがって、ベランダなどに「磁石」を置いておくだけでも、実はハト除け効果があります。


 さらに効果を上げたい場合には、糸の先に磁石を吊るすなどして「動き」ももたせてください。

スポンサーリンク

CDを使った方法

 同じように、鳥たちの「苦手」な習性を利用した方法をあと2つご紹介しましょう。

 鳥たちが恐れるのが、猛禽(もうきん)類です。
 猛禽類というのは、鷹(タカ)や鷲(ワシ)や隼(ハヤブサ)のようによく見える目、鋭い爪とくちばし、強くて丈夫な脚を持ってほかの動物を捕食する鳥の仲間です。

 カラスもハトも猛禽類はやはり苦手です。

 音楽や記録用の「CD」の丸くて光るところが、鷲や鷹などの目に似ていますので、これを利用します。


 要らなくなったCDの穴のまわりを黄色く塗って、カラスやハトが集まる場所にぶら下げてみてください。

スポンサーリンク

木酢液など嫌いな匂いを利用する

 木酢液や漂白剤、芳香剤など、カラスやハトか嫌いな匂いを発する液を使う方法もあります。

 特に効果的なのは、木酢液(もくさくえき)です。
 木酢液というのは、木炭や竹炭を焼くときに出る水蒸気や煙を冷やし液体にしたものです。


 木酢液は、据え置きタイプやスプレータイプになったものが市販されていますので、ベランダには据え置きタイプを、ゴミ集積場にはスプレータイプと、目的に合わせて使い分けるといいでしょう。

 特殊な香料を使った「ハト除けスプレー」なんていうのも市販されています。

スポンサーリンク

まとめ

 今回は、カラスはハトをその習性を利用して寄せ付けない方法で、お金があまりかからない方法をいくつかご紹介しました。

 市販品もありますが、まずはあまりお金をかけずにやってみてください。

 一つの方法だけでなく、ゴミ網なども併用すると効果が高くなりますよ。