iPhoneのバッテリ長持ち簡単設定方法・対策一覧

iPhone(アイフォン)を使用していると、いつもバッテリー残量が気になりますよね。
バッテリーを持ち歩いている人も多くいると思います。

では、もっとバッテリーが長待ちさせる方法はないのでしょうか。
今回は、iPhone(アイフォン)のバッテリーをできるだけ長くもたせる方法・対策について、余分な画像を表示することなく、一覧表的に簡潔にまとめてみました。

目次

設定変更からiPhone(アイフォン)のバッテリーを長持ちに

バッテリー充電の最適化をオン

  「バッテリー」画面
   →「バッテリー充電の最適化」をオン

省電力モードをオン

  「バッテリー」画面
   →「低電力モード」をオン
   ※メールの自動受信などが必要な場合は「オン」のままに
   ※コントロールセンター画面で変更も可能

ダークモードを設定

  「画面の表示と明るさ」画面
   →「ダーク」を選択

明るさを調整

  「画面の表示と明るさ」画面
   →「明るさ」を調整と「True Tone」を「オン」へ
   ※コントロールセンター画面で変更も可能

True Tone(トゥルートーン)をオン

  「画面の表示と明るさ」画面
   →「True Tone」を「オン」へ
   ※「True Tone」とは、環境光の状況に応じて明るさ表示を自動調整する機能

自動ロックを設定

  「画面の表示と明るさ」→「自動ロック」画面
   →「1分」ぐらいを選択

スリープ解除をオフ

  「画面の表示と明るさ」→「手前に傾けてスリープ解除」を「オフ」へ

   ※「スリープ解除」とは、画面が切れているときにiPhoneを傾けると自動的に明るくなる機能

Bluetooth(ブルートゥース)をオフ

  「Bluetooth」画面で「オフ」へ
   ※コントロールセンター画面で変更も可能

Wi-Fi(ワイファイ)をオフ(外出などでWi-Fiを使用しない場合)

  「Wi-Fi」画面で「オフ」へ
   ※Wi-Fiが使用できる場合は「オン」へ戻す
   ※コントロールセンター画面で変更も可能

テザリングをオフ

  「インターネット共有」画面
   →「ほかの人の接続を許可」を「オフ」へ

不要な通知をオフ

  「通知」画面の「通知スタイル」
   →使用しないアプリを選択し「通知を許可」を「オフ」へ

視差効果を減らすをオン

  「アクセシビリティ」→「動作」画面
   →「視差効果を減らす」を「オフ」へ

Apple解析をオフ

  「プライバシー」→「解析および改善」画面
   →「iPhone解析を共有」を「オフ」へ

フィットネスをオフ

  「プライバシー」→「モーションとフィットネス」画面
   →「フィットネストラッキング」を「オフ」へ
   ※歩数計などを使いたい場合は「オン」のままに

位置情報の共有をオフ

  「プライバシー」→「位置情報サービス」画面
   →各アプリで「常に」のものを「このAppの使用中のも許可」へ
   (使用しないアプリは「許可しない」へ)

HandOff(ハンドオフ)をオフ

  「一般」→「AirPlayとHandoff」画面
   →「Handoff」を「オフ」へ

アプリのバッググラウンド更新をオフ

  「一般」→「Appのバックグラウンド更新」画面
   →アプリ毎に「オフ」へ

自動アップデートをオフ

  「App Store」画面
   →「App」と「Appのアップデート」を「オフ」へ
  ※定期的に「App Store」でアップデートをしてください。

メールの受信方法の変更

  「メール」→「アカウント」→「データの取得方法」画面
  →「プッシュ」をオフへ、
   ※プッシュ機能が必要なアプリだけ「プッシュ」に

Siri(シリ)をオフ

  「Siriと検索」画面
  →「”Hey Siri”を聞き取る」「サイトボタンを押してSiriを使用」をオフへ、

スポンサーリンク

コントロールセンター画面からiPhone(アイフォン)のバッテリーを長持ちに

※コントロールセンター画面の表示方法
・ホームボタンがある機種:画面下中央から指を上へ
・ホームボタンがない機種:画面右上から指を下へ

※コントロールセンター画面にアイコンがない場合
・「設定」→「コントロールセンター」画面で該当機能の「+」をタッチ

明るさの調整

  「太陽」アイコン画面
   →指で下へ適度に下げる
   ※「設定」から変更も可能

AirDrop(エアドロップ)をオフ

  「Wi-Fi」アイコン→「AirDrop」画面
   →「受信しない」へ

Bluetooth(ブルートゥース)をオフ

  「Bluetooth」アイコン画面
   →「明日までBluetoothアクセサリとの接続を解除します」を「OK」へ

   ※アイコンがない場合は、「設定」から変更の可能

Wi-Fi(ワイファイ)をオフ(外出などでWi-Fiを使用しない場合)

  「Wi-Fi」アイコン画面
   →「明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します」を「OK」へ
   ※Wi-Fiが使用できる場合は「オン」へ戻す
   ※「設定」から変更も可能

機内モードの設定(電波がつながらない場所の場合)

  「飛行機」アイコンをタッチ
   ※電波がつながる場所になったら、必ず機内モードをオフにします。

省電力モードをオン

  「電池」アイコン画面
   →「低電力モード」をオン
   ※メールの自動受信などが必要な場合は「オン」のままに
   ※「設定」から変更も可能

スポンサーリンク

そのほかの変更でiPhone(アイフォン)のバッテリーを長持ちに

不要ウィジェットの削除

  一番左に画面を移動してウィジェットを表示
  →何もない場所を長押しして表示される「-」を押す
  →最後に「完了」を押す

スポンサーリンク

使用中に心がけること

アプリをいちいち消さない

  アプリを起動する際に電力を消費するため、起動したら放置する。
  →1日の最後に終了させる。

使わないときは画面を下にして置く

  画面を下にして置くと、自動的に画面が切れるようになっています。
 ※「自動ロック」(下記「設定変更」の「自動ロックを設定」参照)が「なし」になっていると、この機能は動きません。

充電するときは、カバーをはずす

  カバーをつけたまま充電すると熱がこもりバッテリーを痛める。

安い充電器を使わない

  安い充電器の場合、iPhone側の電力と合わなくてバッテリーを痛めやすい
  できるだけ純正を使う。

寒いところ、暑いところでは使用しない・置かない

  寒いところ、暑いところではバッテリーの消費が大きくなりがち

スポンサーリンク

バッテリーの寿命を確認

バッテリーの寿命ならどんな対策をしても効果がありません。

バッテリーの状態を確認しましょう。
  「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」
    最大容量が80%以下になっていたら寿命です。
    →電池交換か新しい機種へ変更しましょう。