ダンボールで簡単に椅子を作る方法

災害による避難所となる体育館などでは、床が固く冷たいので、快適な避難所生活を送ることが困難になります。
そんなときに、段ボールがあれば簡単に椅子を作ることができます。


今回は、段ボールで椅子を作る方法を集めてみました。
参考にしてください。

■超簡単!段ボールでトラス構造の頑丈な椅子を作る

●必要な材料

・段ボール
・ハサミ
・紐またはテープ

●段ボールで椅子の作成方法

(1)段ボールの長辺のフタ部分を両方とも切り取ります。
(2)切り取った長辺の中央部分を両側から真ん中へ折り、「☓」の形にして紐やテープで固定します。
つまり、トラス構造にして強度を上げるのです。しっかり折り目をつけてください。
(3)残った短辺のフタの両方を、「☓」の上へ折ってフタをすれば完成です。

これだけですから、3分もあれば出来上がりますね。
さらに、これをいくつか組み合わせれば、ベッドにもなりますね。

この方法は、警視庁から紹介されています。

スポンサーリンク

■警視庁が教える段ボールで椅子を作るもうひとつの方法

警視庁では、段ボールで椅子をつくる別の方法も紹介しています。
こちらの方が、出来上がりはスマートです。

●必要な材料

・段ボール
・ハサミ
・ガムテープ

●段ボールで椅子の作成方法

(1)段ボールの短辺のフタを真ん中から短辺まで切ります。反対のフタも同様に切り込みを入れます。
(2)短辺の上部中央((1)で切り込みを入れたところが短辺に到達したところ)から、反対側の2つの角に向かってハサミで折り目をつけます。折り目が二等辺三角形の形になります。
(3)(1)で切ったフタを内側に折り込み、(2)でつけた折り目を押し込んで、残ったフタの両方を重ねるように閉じてガムテープで固定すれば完成です。

これと同じ方法で段ボールで椅子を作成する方法がYoutubeで紹介されています。

スポンサーリンク

■まとめ

今回は、段ボールで椅子を作る方法をご紹介しました。
段ボールは温かいですし、災害時やお花見などでサッと作って、用がなくなったら捨てられるのがいいですよね。

今回の記事を参考に段ボールで椅子を作成してみてください。