イオンの割引率を最大にするイオン株主優待「オーナーズカード」活用法

イオンカードを使って買い物をしている方は、当然、ポイント還元を受けていると思います。
でも、イオンカードの還元率は良くはありませんね。
そこで今回は、イオンの割引率を最大にする方法として、イオン株主優待「オーナーズカード」の最大限に活用する方法についてご紹介しましょう。

イオン株主優待「オーナーズカード」活用法の結論

番号 活用法
1 イオンの株式を100株だけ購入し、株主優待「オーナーズカード」で3%割引を取得
2 「イオンカードセレクト」を取得して、WAONオートチャージで0.5%ポイントを取得
3 イオングループ店舗でのWAON支払いで1.0%ポイント取得
4 お客様感謝デーなどでボーナスポイント取得
5 イオン株式の配当金獲得

イオン株主優待「オーナーズカード」に、イオンカードセレクトの利用を組み合わせることで、最低4.5%の還元を獲得できます。
これに、「お客様感謝デー」等のボーナスポイントを加えれば、実質9.0%以上の還元を得られます。
さらに、イオン株式の配当金までゲットできるのです。

スポンサーリンク

イオンの株主優待「オーナーズカード」の獲得

イオンの株式

銘柄名 イオン株式会社
コード 8267
上場 東証1部
権利確定月 2月末日・8月末日
購入単位株数 100株

イオンの株主優待

参考:https://www.aeon.info/ir/stock/benefit/
・株主優待カード(イオンオーナーズカード)特典(年2回)
2月末・8月末の新規株主に案内書を送付し、株主ご本人カード・ご家族カード各1枚の合計2枚のオーナーズカードを発行。

番号 特典内容
1 半期100万円までのお買上金額に対し、保有株に応じた返金率でキャッシュバック
 100株~499株保有:3%
 500株~999株保有:4%
 1,000株~2,999株保有:5%
 3,000株以上保有:7%
なお、返金時期は次のようになっています。
・3月1日から8月末日利用:10月に返金
・9月1日から2月末日利用:4月に返金
2 毎月20・30日のお客様感謝デーはさらにお得(お支払い時5% OFF特典あり)
3 長期保有優待特典(年1回)
2月末時点の株主名簿に基づき3年以上継続保有、1,000株以上所有でイオンギフトカードを進呈
 1,000株~1,999株保有:2,000円
 2,000株~2,999株保有:4,000円
 3,000株~4,999株保有:6,000円
 5,000株以上保有:10,000円

イオン株式購入に必要な金額

2019年9月20日現在のイオンの株価は1,993円ですので、
最低の100株購入するのに必要な金額は、約20万円になります。
約20万円投資することで、3%OFFとなるオーナーズカードの発行が受けられます。

5%OFFとなるオーナーズカードの発行を受けるには、約200万円投資してイオン株1,000株購入することが必要です。
2,000円分のギフトカードももらえます。

同様に7%OFFとなるオーナーズカードの発行を受けるには、約600万円投資してイオン株3,000株購入することが必要です。
6,000円分のギフトカードももらえます。

何株購入するのが一番お得なのか

それでは、イオンの株主優待を考えると、何株購入するのがお得なのでしょうか。
私の出した結論は、100株です。

それでは、その根拠を示しましょう。

購入株数と必要金額(2019年9月20日の株価で計算)

購入株数 必要金額目安
100株 20万円
500株 100万円
1,000株 200万円
3,000株 600万円

毎月5万円(年間60万円)の買い物をする場合

オーナーズカードの割引額とギフトカードの金額、実質割引率は次のようになります。

購入株数 割引額 ギフトカード 割引率
100株 年間60万円×3%=1.8万円 0万円 1.8万円÷20万円=9.0%
500株 年間60万円×4%=2.4万円 0万円 2.4万円÷100万円=2.4%
1,000株 年間60万円×5%=3.0万円 0.2万円 3.2万円÷200万円=1.6%
3,000株 年間60万円×7%=4.2万円 0.6万円 4.8万円÷600万円=0.8%

毎月20万円(年間240万円)の買い物をする場合

オーナーズカードの割引額とギフトカードの金額、割引率は次のようになります。

購入株数 割引額 ギフトカード 割引率
100株 年間240万円×3%=7.2万円 0万円 7.2万円÷20万円=36.0%
500株 年間240万円×4%=9.6万円 0万円 9.6万円÷100万円=9.6%
1,000株 年間240万円×5%=12.0万円 0.2万円 12.2万円÷200万円=6.1%
3,000株 年間240万円×7%=16.8万円 0.6万円 17.4万円÷600万円=2.9%

100株購入が圧倒的有利

買い物額がどちらの場合も、割引率は100株購入の場合が圧倒的に高くなっています。

つまり、イオン株を約20万円で100株購入し、3%割引のオーナーズカードを取得するが一番効率が良いことになりますね。

イオン株式を購入するには

株主優待のオーナーズカードを取得するには、イオン株式を購入しなくてはなりません。
株式の購入は、証券会社を通じて行います。

証券会社の口座がない方へのおすすめの証券会社は、手数料の安いネット証券会社です。
ネット証券会社の中でもおすすめは、次の2社です。

SBI証券:人気No1のネット証券です。上場銘柄はもちろん信用取引・貸株サービス・NISAに外国株と幅広い商品ラインナップ
楽天証券:株取引額に応じて「楽天スーパーポイント」が貰えることなどサービスが充実しています。

証券会社 おすすめ理由 口座開設
SBI証券 人気No1のネット証券です。上場銘柄はもちろん信用取引・貸株サービス・NISAに外国株と幅広い商品ラインナップ
楽天証券 株取引額に応じて「楽天スーパーポイント」が貰えることなどサービスが充実しています。
スポンサーリンク

イオンカードセレクトに加入して1.5%割引獲得

株主優待の「オーナーズカード」に「イオンカードセレクト」というクレジットカードを併用すれば、さらに通常で1.5%の割引になります。


この「イオンカードセレクト」は、入会金や年会費は無料です。

イオンカードセレクトとは?

「イオンカードセレクト」とは、「イオンカード」(クレジットカード)とイオン銀行のキャッシュカード、そして電子マネーWAONが一体になったカードのことです。

イオンカードセレクトの概要

発行会社 イオン銀行
クレジットブランド VISA/MasterCard/JCB
年会費 永年無料
家族カード、ETCカード 無料発行

イオンカードセレクトの特典

番号
1 ときめきポイントがいつでも2倍!
 全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどのイオングループ対象店舗なら200円ごとに2ポイント(1.0%)
2 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は、お買い物代金が5%OFF
 全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗での買い物代金が5%OFFとなります。
3 毎月15日「G.G感謝デー」は5%OFF(55歳以上の会員限定)
 全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ザ・ビッグなどの店舗での利用で、クレジットの場合は請求時に、WAONの場合はレジで5%OFFとなります。
4 WAONのオートチャージ
 WAONの利用だけでなく、オートチャージでも200円ごとに1WAONポイントプレゼント
5 各種公共料金の支払いで1件につき毎月5WAONポイント
 各種公共料金を支払うと、1件につき毎月5WAONポイントプレゼント
6 イオン銀行を給与振込口座にして毎月10WAONポイント
 イオン銀行を給与振込口座に指定すると、毎月10WAONポイントプレゼント

特に注目すべきは、1.と4.です。
つまり、イオンカードセレクトの還元率1.5%を実現させるためには、

1 WAONにオートチャージさせて0.5%ポイント
2 イオングループでのWAON支払いでの1.0%ポイント

この2つのポイント二重取り方法で、還元率が1.5%になります。

つまり、お客様感謝デーなどでなくても、イオンオーナーズカード3.0%+イオンカードセレクト1.5%=4.5%の還元を受けられます。

イオンカードセレクトの作り方

イオンカードセレクトは、イオンカードの公式サイトより申込みできます。
→ http://www.aeon.co.jp/campaign/lp/entry.html

スポンサーリンク

まとめ

今回は、イオンの割引率を最大にする方法として、イオン株主優待「オーナーズカード」活用法についてご紹介しました。

最後にイオン株主優待「オーナーズカード」の最大活用法をまとめます。

1 証券口座を開設してイオン株式を100株購入する
2 イオンカードセレクトを作る⇒公式HP
3 WAONのオートチャージを利用する
4 お客様感謝デーなどで買い物をする

今回の記事を参考にして、イオン株主優待「オーナーズカード」を最大限活用してください。