家族が入院する時に用意する物品リスト



家族が突然入院することになると、病状はもちろんですが不安になるのが、いったい何を揃えればいいのだろう、ということです。
特に家族のはじめの入院の場合は困ってしまいますね。
実際に、私もそうでした。
病院へ連れていき、そのまま入院になりましたので。

そこで今回は、家族が入院することが決まったときに、何を揃える必要があるかを体験を通して説明いたします。

入院時に準備するもの|「入院」と聞いて揃えるもの

まずは、入院が決まってから入院までにとりあえず必要なものをご紹介します。
通常、本人は病院から動けず、家族が入院生活に必要な道具を準備することになります。

慌てなくても、病院の売店で一通り揃いますが、価格が高めです。
100円ショップ(100均)で揃えると安くすみますね。

健康保険証、高額療養費限度額認定証などの証明証、診察券

保険証や証明証は、保険診察や高額療養費制度の利用に必要です。以前に、その病院を利用したことがあれば診察券も持って行きます。
健康保険証

現金

入院が決まると、入院保証金が必要な病院があります。
また、これからご紹介する様々なものを購入したりするのにも必要です。
現金

筆記用具(ボールペン)、印鑑

筆記用具と印鑑が必要です。
入院同意書などの書類に署名押印するのに必要となるからです。

なお、印鑑は、シャチハタ以外のものを用意しましょう。
印鑑

パジャマ等

入院中は、パジャマ等で過ごすことが多いです。
1日数百円程度の料金でレンタルサービスが普及しています。
洗濯の必要がないので、便利ですね。

強制的にレンタルとなる病院もあります。
レンタルを使用しない場合は、病院によってたとえば、前開きのものといった条件があります。
パジャマ

ガウンやカーディガン

病室は、常時エアコンが入っていますが、肌寒いと感じることもあります。
ガウンやカーディガンなどの羽織るものも用意しましょう。
カーディガン

下着

下着類は、最低3日分を用意しましょう。
洗濯物を持ち帰る日、洗濯・乾燥する日、持っていく日で3日になるからです。

洗濯をしてくれるサービスもあります。
ただし、洗濯物を出してから出来上がるまで5日から7日ほどかかります。

したがって、洗濯サービスを利用する場合は、多めに下着を用意しましょう。

なお、シャツは、半袖が基本ですが、長袖も少し用意するといいと思います。
下着

靴下

寒さ対策として、靴下もあるといいでしょう。
あまりゴムがきつくない、ゆるいものがおすすめです。
靴下

マスク

病院には、いろいろな病気の方がいます。
免疫力が低下している時には、マスクをすべきです。
マスク

タオル

フェイスタオルも少し用意するといいでしょう。
ただ、パジャマとセットでレンタルになっていることが多いようです。
タオル

歯ブラシ、歯磨き粉、コップ

歯ブラシや歯磨き粉、コップも用意しましょう。
旅行用のセットをよりも、普通のものがいいでしょう。

コップは、取っ手が付いているプラスチック製のものが割れないので便利です。
これも、パジャマとセットのレンタルになっていることもあります。
歯ブラシ

シャンプー、ボディシャンプー

シャンプーとボディシャンプーも必要になります。
使い慣れた商品で準備するといいでしょう。

これも、パジャマのレンタルとセットになっていることがあります。
シャンプー

ティッシュペーパー

ティッシュペーパーも必要です。
ティッシュは結構量を使うことになりますので、ボックスタイプを数箱用意しましょう。
ティッシュペーパー

ウェットティッシュ

ウェットティッシュも準備しましょう。
手が洗えないときに使います。

ウェットティッシュも枚数の多いものを用意しましょう。
ウェットティッシュ

スリッパ、サンダル

入院中に病院内を歩くこともありますので、かかとの無いスリッパやサンダルを準備しましょう。
ただし、スリッパやサンダルで禁止されているものもあることがあります。
購入前に病院に確認しましょう。
サンダル

レジ袋・ビニール袋

ビニール袋なども用意します。

ビニール袋は、洗濯物を入れたり、ゴミ袋として使用したりします。

紙コップ

紙コップも用意しましょう。
紙コップは、洗う必要がないので便利です。

お見舞いに来る方へ飲みのもを出すときにも利用できます。
紙コップ

耳栓

個室以外の場合には、耳栓も用意するといいでしょう。
同部屋のほかの方のいびき、独り言など、雑音も結構多いものです。
耳栓

テレビ用イヤフォン

病室内のレンタルテレビを見るときに、ほかの人の迷惑にならないようにイヤフォンを使います。
病院側で貸出ししているところもあります。

自分で用意しなければならないときは、ベッドに寝ながら見れるように、ケーブルの長さが最低3m、できれば5mと長いものを購入しましょう。

また、寝ながら聞くことが多いので、片耳用のイヤホンがいいでしょう。

ポケットラジオ

病状によっては、テレビよりもラジオの方がいいことがあります。
また、消灯後には、ラジオしか聞けない場合が多いです。

なお、ラジオイヤフォンは両耳用にしておくと、耳栓代わりにも使えます。
ラジオ

ホワイトボード

耳が遠い場合には、筆談になります。
A4ほどのホワイトボードを持っていくと便利です。

その場合には、ホワイトボードマーカーとホワイトボード消しも必要です。
この2つが一体となったものを数本購入するといいでしょう。
ホワイトボード

コンセントタップ・延長コード

病室には、コンセントがわずかしかありません。
携帯電話やスマートフォンの充電などにもコンセントが必要です。
コンセントタップを持っていきましょう。
また、コンセントが遠いこともありますので、延長コードも用意するといいでしょう。
コンセントタップ

綿棒、耳かき、爪切り

入院が長期になりそうな場合には、綿棒や耳かき、爪切りも持っていきましょう。
綿棒爪切り

ゴミ箱

病室にはゴミ箱がないことが多いです。
プラスチック製のゴミ箱も準備しましょう。
ゴミ箱

A4クリアファイル

A4クリアファイルも3枚から5枚用意しておくと便利です。

入院中は、医師から説明用の書類や同意書、パンフレットを渡されることが多いです。
これらを、A4クリアファイルに入れておくと整理がつきます。

ノート

ノートも1冊用意しておきましょう。
必要な手続きや、医師からの病状の説明などを記録するのに使います。
ノート

メモ用紙やレポート用紙などを使うと、紛失しやすいですが、ノートを使うとなくなりにくいです。

スポンサーリンク

入院時に準備するもの|入院時の一緒にもっていくもの

現金

主にレンタルサービスを利用したり、洗濯サービスを利用するのに必要です。

ただし、病室にあまり多くの現金を置くのはやめましょう。
病室が空になることもあり、盗難のリスクがあります。
現金

現在服用している薬、おくすり帳

入院前に服用している薬と「おくすり手帳」を持っていきましょう。
もし、常用しているサプリメントがある場合は、それも医師に見せて飲んでいいか判断してもらいます。
薬

スマートフォンや携帯電話、充電器

スマートフォンや携帯電話ももっていくと、連絡をとるのに便利です。
暇つぶしにもなります。
LINE等で家族や友人とやり取りもできます。

電池切れ・充電切れにならないように、充電器も忘れずに持っていきましょう。
携帯電話スマートフォン

メガネ・老眼鏡・コンタクトレンズ

いつもメガネや老眼鏡、コンタクトレンズを使っている人の場合は、忘れずに持っていきましょう。
コンタクトレンズの場合は、洗浄液も持っていきましょう。
メガネ

入れ歯・入れ歯ケース

入れ歯を使っている場合は、洗浄用のケースも用意しましょう。
また、ポリデントなどの入れ歯固定剤を使っている場合は、それも持っていきましょう。

電気カミソリ・シェーバー

男性の場合、ヒゲを剃るに、日頃使っている電気シェーバー・電気カミソリも持っていきましょう。
充電式の場合は、充電器も忘れずにもっていきます。
電気カミソリ

マスコット、ぬいぐるみ

お子さんの場合には、お気に入りのマスコットやぬいぐるみも持っていきましょう。
さみしさや不安に襲われることがありますが、マスコットやぬいぐるみがあれば、気が紛れるでしょう。
ぬいぐるみ

補聴器

耳が遠い場合には、補聴器も持っていきましょう。
替えの電池も準備しておくべきです。
補聴器

スポンサーリンク

入院時に準備するもの|まとめ

今回は、入院時に準備するものをまとめてみました。
このリストを参考に、入院の準備をしましょう。

ただ、病室は、限られたスペースしかありません。
したがって、あまり物が多くなり過ぎないように気をつけましょう。