鼻づまりのおすすめ簡単解消法(温める、鼻うがい、体操、ヨガ)

鼻づまりって本当につらいですよね。 息ができない、夜眠れない、イビキがひどくなる、仕事や勉強に集中できない・・・ そんなイライラする鼻づまりを、即効で解消させる方法を大公開いたします。
スポンサードリンク
  

鼻を温めて鼻づまりを解消する

鼻づまりを解消する効果的な方法の最初にご紹介するのは、「鼻を温める」というものです。 鼻づまりが、鼻の血行が悪くなることによって起こされているタイプの場合は温めることで効果が出やすいです。 鼻の周りを温めることで鼻の粘膜の血流が良くなって、鼻水が柔らかくなって出やすくなります。 方法はいくつか挙げられますが、蒸しタオルがお勧めです。 濡らしたタオルを固く絞り、電子レンジで20秒から30秒温めます。 温め過ぎには注意しましょう。やけどをすることがあります。 加熱が終わったら、鼻全体を覆いましょう。 すると、今まで空気の通りが悪かった鼻も、スースー通るようになります。 その後ティッシュでかめば、うまく鼻水が出てきます。

鼻うがいで鼻づまりを解消する

鼻うがいも鼻づまりの解消にとても効果があります。 鼻うがいは、「鼻洗浄」とも呼びます。 鼻から専用の洗浄剤や生理食塩水を注入して、ほこり、ウイルス、うみなどの汚れを取り除く方法です。 鼻うがいで鼻の奥にあたる上咽頭と呼ばれるところまで洗うことができるので、鼻をかむよりすっきりとした感覚になります。 鼻うがいには重要な注意点があります。それは、鼻を真水でうがいをしてはいけない、ということです。 鼻うがいを真水で行うと、ツーンとして鼻の奥や耳の奥が激しく痛みんでしまいます。 それでは鼻うがいのやり方を説明します。 1.洗面器に水2リットルを入れ、そこに、18グラムの食塩を溶かして人間の体液の浸透圧と同じ0.9%の生理食塩水を作ります。 水道水を使う場合は、必ず煮沸消毒して殺菌したものを使いましょう。 2.鼻から水がこぼれて服や床が濡れることがあるので、タオルなどをかけておきます。 3.片方の鼻の穴を指で押さえ、洗面器の食塩水に顔を近づけ、飲み込まないように息を止めてもう片方の鼻の穴から食塩水を吸い込みます。 4.洗面器から顔を上げ、吸い込んだ食塩水を飲み込まないようにして口から吐き出します。 鼻うがいのコツは、ゆっくり吸い込むことです。鼻うがい専用の吸入器が市販されているので、それを利用してもいいでしょう。 5.もう片方の鼻も同じ要領で行います。 6.これを、3~5回繰り返します。 鼻うがいによって、鼻の粘膜に付着したゴミやほこりなどを洗い流して除去しますので、鼻づまり解消とともに、風邪や花粉症の予防効果も期待できます。

鼻づまりを解消する簡単体操

【鼻をつまんで息を止める】

これは簡単ですね。これでも鼻づまり解消にとても効果がある方法です。 やり方は次のとおりです。 1.まずは深呼吸をします。 2.肺が空になるまで息を吐き切ります。 3.吐き切ったところで鼻をつまみます。 4.息を止めたまま約2秒ごとに上(天井)と下(床)を交互に見ます。 5.これを限界ぎりぎりまで続けます。 コツは、頭を上下させるときは、ゆっくりと行うことです。

【脇ペットボトル法】

次にご紹介する簡単な鼻づまり解消法は、「脇ペットボトル」です。 もちろん、やり方は簡単です。 1.500mlのペットボトルを用意します。 2.そのペットボトルをつまっている鼻と反対側の脇に挟みます。 右鼻がつまっているなら左脇ですし、左脇がつまっているなら右脇です。 両鼻ともつまっているなら、両脇に挟みます。 脇に挟むときは、ギュッと挟むのがコツです。 脇の下を圧迫することで、反対側の交感神経が刺激されます。 交感神経が刺激を受けると血管が収縮し、鼻の粘膜の腫れが引いて鼻腔に隙間ができます。

鼻づまり解消に効果的な3つのツボ

鼻の脇の・睛明(せいめい)・迎香(げいこう)・鼻通(びつう)の3点のツボは鼻づまり解消に即効性のあるツボです。

【睛明(せいめい)】

晴明のツボは、目頭のちょっと上の鼻の骨との間のくぼみにあり、鼻づまりに即効性のあるツボです。 両手の人差し指の腹を押し当てじんわりと押しこむように指圧します。

【迎香(げいこう)】

「迎香」は、小鼻の左右、それぞれ最も広がったところのくぼみにあります。 こちらのツボも鼻づまりに即効性のあるツボです。 人差し指や中指の腹を押し当ててじんわりと押さえます。 3秒押したら6秒休むテンポで、3回程度押すのが目安です。 迎香から上でご紹介した睛明のツボ間を上下にやさしくさすったり、押し揉んだり、鼻筋を両脇から刺激してあげるとさらに効果がでます。

【鼻通(びつう)】

鼻通のツボは、両方の目頭からそのまま下にいったところ、左右の鼻の上あたりに骨が少しこんだ所にあります。 迎香のツボから真上に指1本分程上がったあたりになります。 両手の人差し指か中指を左右の鼻通のツボにあて、後頭部の方へ向けるイメージで押します。 円を描くように優しく回しながら押すのもおすすめです。

ヨガで鼻づまりを解消する

ヨガにも鼻づまりに効果的なポーズがあります。

【バッタのポーズ】

1.まず、椅子の前方に座ります。 手を後ろで組んで脇を閉めるとともに胸を張ります。 本来の「バッタのポーズ」は、うつぶせに寝た姿勢で行うのですが、椅子に座ったままの方が簡単にできますし、あまり人の目を気にせず、実行することができます。 2.次に息を吸います。 3.そして、吸った息を吐きながら後ろに反り返り、曲げていた肘を伸ばしていきます。 首も上方向に伸ばしていきます。 4.その姿勢を保ちつつ、さらに息を吸って肩甲骨を寄せます。 5.これを5呼吸、およそ20秒繰り返します。

【ウサギ(シャシャンカーサナ)のポーズ】

1.正座になります 2.四つ這いの姿勢から吐く息で背中を丸めて体を二つ折りにしお腹とモモを密着させ、できるだけ膝の近くの床に頭のてっぺんがつくようにします。 顎を引き目線をおへそに向けると、首の後ろから背骨周辺が安定して伸びやすくなります。 3.つま先を立てて、息を吐きながらお尻を天井の方へもちあげます。 4.同時に、頭をマットに密着させながら額から頭頂部まで転がすように体重移動させます。 5.お尻が一番高い位置になったら、深く呼吸してキープします。 ただし、首を強く使うので、首を痛めていたり寝違えたりしてる人は行わないようにしてください。

まとめ

以上、鼻づまりをスッキリ解消する方法をご紹介しました。 どれも簡単にお金もかからずできる方法です。 個人差はあると思いますが、どれも鼻づまり解消効果が高い方法です。 いくつか試してみて、効果の出た方法で鼻づまりの悩まいからさよならしましょう。
スポンサードリンク