冷房病・クーラー病の職場での対策、自宅での改善策。子供がなることも

hiesyou_woman 平年値でも最高気温が30℃以上の真夏日が46日、最低気温25℃以上の熱帯夜が23日もあるそうです。 まるで熱帯地方の気候ですね。 このひどい暑さを乗り切るために、冷房をつけることはいまや常識となっています。 特に、通勤電車や職場オフィス内、店舗などでは冷房が利きすぎて寒いくらいです。 普段から冷え性の人には、夏はとてもつらい季節です。 そこで今回は、夏の冷房病・クーラー病対策をご紹介しましょう。
スポンサードリンク
  

冷房病(クーラー病)

一日中冷房の効いた部屋にいたり、外出先との激しい温度差によって、 足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠など 「冷え」によって起こる様々な症状を「冷房病」とか「クーラー病」とか呼んでいます。

冷房病はなぜ起こる?

人間は、体温を常に一定に保とうとします。 夏になると体内での発熱を抑制し、さらに熱を逃がしやすい体質に変化します。 毛細血管を広げ放熱しやすくし、汗をかいて気化熱を利用して体温を下げようとします。 ところが、1日じゅう冷房の効いたところにいると、汗をかかない状態のまま、身体の熱が体表から奪われてしまいます。 この状態では、皮下にある毛細血管が、身体の熱が奪われないように血流量を減少させてしまいます。 同時に身体の熱が奪われることを防ぐために汗腺も収縮して、汗が出ないようにします。 このふたつの作業を行なっているのは、自律神経です。 一日中冷房の中にいたり、急激な温度の変化が1日のうち何度もあると、自律神経がバランスを崩してしまいます。 その結果、自律神経によって行なわれている身体のさまざまな調節がうまく行なわれなくなるのです。 このように、冷房病による「冷え」は、体温の低下による症状に加え、自律神経のバランスが崩れることによる不調が加わります。

冷房病の重症度

【第1期】 冷房のなかに入ると手先や足先が中心となって冷えを感じている状態です。 血液は身体を守ろうとして内臓や脳に集まってきます。 そのため、手先や足先の血流量が減少して冷えを感じてしまいます。 【第2期】 当初は手先や足先を中心としていた冷えが、冷気が下から侵入し、腹部を冷やしている状態です。 腹部が冷えだすと、腰から下全体に冷えを感じるようになり、胃腸障害、婦人科疾患、泌尿器疾患などが症状として現れてきます。 これと同時に、肩こり、腰痛などが発生することもあります。 【第3期】 身体全体に冷えを感じます。 特に上半身を中心として下肢や上肢にも冷えを感じ、ときには痛みを感じるといったことも起こります。 全身症状として、ふらつき、めまい、疲労感、血圧の変動、イライラなどの症状が現れます。 samui_woman

職場のオフィスでは冷房病が起こりやすい

冷房病が起こりやすいのはオフィスです。 自宅では自分にあった温度設定にすることが可能ですが、オフィスは様々な人たちがいるためそうはいきません。 暑がりな社員がいたり、男性が多い職場だと、低めの温度設定になりがちです。 女性はなかなか言い出せず我慢するというケースが多いようです。 また、仕事によってはオフィスと外を何度も往復したり、ちょっとした用事で外に出る機会が多いことがあります。 冷え切ったオフィスと炎天下の中を往復するというように温度差の多いところを出入りすることで、 体には想像以上のダメージがかかってしまうのです。

子供でも冷房病になる

冷房病の症状を訴えるのは、女性だけではありません。男性も冷房病になりますし、子供もなります。 特に、8月後半から9月にかけては、子供の冷房病がとても多くなります。 夏休みの間ほとんど外出せず、冷房の効いた部屋にいて、毎日、冷たいジュースやアイスクリームを食べるという毎日を過ごす子供が多いからです。 その結果、とにかくやる気が出なくて夏休みの宿題もまだ残ったままの状態になり、体調も下痢気味で身体がだるく足が冷たいのが子供に多い症状です。

冷房病対策

対策1、衣服などで調節する

まず、冷房の効いた場所では、カーディガンや大きめのスカーフなどで、肌に直接冷気があたらないように気をつけましょう。 冷房の冷えは、冷気が流れやすい床近くにある足から来ますので、まずは足元を温めます。 サポーターや靴下などで冷えを防ぎましょう。 足首に小さなカイロを貼るのが効果があります。 靴下を履くこともいいのですが、靴下の重ね履き行なうと、足首の締まったものは血行を悪くする原因になりますので、気をつけてください。 また、綿の靴下は汗を吸い取ってはくれるのですが放出してくれません。 一度汗を吸ってしまうとその靴下は濡れた状態になって、これもまた「冷え」を増長させてしまいます。 次に、冷えを感じると、血液が内臓や脳に集まって、身体を守ろうとします。 この脳などに集まった血液を、もう一度手先や足先に流すには、腹部を温めることが大切です。 腹巻きや毛糸のパンツは、腹部の温めにたいへん効果的なのです。 素材としては、化繊では保温力が弱く、静電気の問題もありますので、天然素材のものを使いましょう。 特に夏は、化繊のものが多いのですが、吸水性、排出性のよいシルクを選ぶとよいでしょう。 基本的に身体を締めつけるものは、血行を悪くするので、避けてください。 下腹部や腰にカイロを貼ったりすることも、長時間でなければ効果的ですが、できれば保温をすることを優先しましょう。 なぜなら、外部から熱を長時間与えると、あなた自身の身体を温める能力は益々落ちてしまうからです。 夏は、ひざかけとしてバスタオルを使うとよいでしょう。通常のひざかけのフリースやウールは夏はとても暑いです。 花柄のバスタオルなら上品ですね。

上質シルクコットン腹巻パンツ春夏用〜無地がシンプルでかわいい!冷房対策や冷え性対策に〜【プロディガル】
価格:4968円(税込、送料別)

スポンサードリンク

対策2、軽い運動を心がける

足がだるい、足腰が痛い、胃腸の調子が悪いなどの症状は、血行が悪くなっていることが原因です。 凝りをほぐし、血行を良くするためにストレッチや散歩、軽い運動をおススメします。 そこで簡単な体操を2つご紹介します。 【おじぎ体操】 足を肩幅に開き、「気をつけ」の姿勢から身体を深く曲げ、おじぎをします。 これを10~15回ほど繰り返します。 この体操を行なうことにより腹圧が上昇し、体幹に集まった血液が下肢や上肢に流れ出して、末梢の温度を上昇させます。 【立ったまま足指の体操】 必ず靴下を履き、両足を肩幅に開いて、カーペットの上に立ちます。 カーペットがない場合は、タオルを1枚床の上に敷いて、その上に立ちます。 その状態で、足の指をしゃくとり虫のように動かします。 このとき起きる摩擦熱で、いちばん冷えている足先が温まります。 冷えがひどいときは1日に何度でも行なってください。

対策3、ドライヤーを使って汗をかく

汗をよく出すことで、自律神経のバランスが整ってきます。 汗を出す方法のひとつとして、ドライヤーを使ったものがあります。 ドライヤーを使うと言っても、ドライヤーで冷えている部分を温めるというものではありません。 ヘアードライヤーを片手に持ち、上半身裸の状態にしてうなじから背中の中央まで背骨を中心にドライヤーの温風をよく当てます。 このうなじから背中中央の部分というのは、自律神経を整え、全身の血行をよくし、体を温めるツボがあるからです。 ドライヤーを上下に動かしながらもう一方の手で背骨を中心として周囲の皮膚をよくこすります。 うなじから背中の中央まで、真っ赤になるまで行なってください。 これを1日1~2回、7日間つづけて行なってください。 このことで、乱れている自律神経のバランスを整えることができるのです。。 この方法は自分では難しいですから、ご主人や奥様にやってもらうとか、親が子供にやってあげましょう。

対策4、ぬるめのお湯でゆったり入浴する(半身浴)

暑くなると、シャワーで汗だけ流して終わりという人が多くなるようです。 しかしながら、シャワーでは充分に身体を温めることはできません。 ぬるめのお湯(40度以下)にゆったり入り(20分以上)、身体の芯まで温めることで、 血行をよくし、自律神経のバランスをリセットさせることができます。 また、入浴で汗をかくことで、体内の老廃物を排出することができます。 まずは、腰までのあまり熱くないお湯を入れたお風呂に一時間入ってみてください。 その際ですが、肩からタオルをはおったり、Tシャツを着て入りましょう。 びっくりするほど顔から汗がでますよ。 ただし、半身浴を行なうときには、できるだけ頭上の換気をよくするようにしてください。 特に貧血ぎみの人は注意が必要です。 30分ほど汗が出ないこともありますが、しだいに短時間でもよく汗が出るようになります。 汗の出の悪い人は、湯のなかに少量の塩、大さじ1~2杯(15~30グラム程度を入れると、汗が出やすくなります。 足湯も効果的です。足湯は、足をお湯につけて温めることで全身の血行をよくします。 ただし、足湯は冷えやすいので、すぐにタオルでしっかりふくか、直後に靴下を履くなどの対策を考えてください。

対策5、身体を温めるものを食べる

暑さで食欲がなくなると、アイスクリーム、かき氷、スイカ、そうめん、など夏場に好まれる食品を取りがちです。 しかし、これらは「陰性」食品と言って体を冷やす原因になります。 夏場は、タンパク質やミネラル等が豊富で、体を内側から温める「陽性」食品をとるように心がけましょう。 太陽の恵みを蓄えた食品を取り込むことで、体にエネルギーを補給します。 特に身体を温める食品 ・しょうが ・ね ぎ ・にんにく ・梅干黒焼き 等 かぜの時に効くとされているものです。温めて飲むほうがより効果があるそうです。 身体を温め、サラサラ血液にする食品 ・根菜類(こんにゃく、ごぼう、人参、山芋、蓮根) ・自然塩 ・塩辛い加工品 ・梅干、たくあん 暑い日に温かいものばかり食べたり飲んだりすることはなかなか難しいことです。 身体を冷やすものをとったときは、逆に温めるものを意識的にとるように心がけましょう。

対策6、ぬるめの水分をこまめにとる

夏の暑い時期には、冷えた飲み物を飲みたくなりますが、 そこは我慢して、常温もしくは温かい飲み物を飲むことを習慣づけましょう。 身体の表面は冷房により冷えやすいので、身体の中には温かいものを入れてあげて、胃腸の活動がスムーズに行われるようにしておくといいのです 少しぬるめもしくは温かい白湯やお茶をこまめに摂ってください。

対策7、寝るとき身体を冷やさない

寝るときには、扇風機や冷房の風が直接当たらないように注意しましょう。 エアコンの設定温度は、28~27度に設定し、2時間くらいで切れるようにタイマーをセットして寝ましょう。 タイマーが切れてしばらくすると暑くなって目が覚めてしまう場合には、扇風機も使いましょう。 扇風機の風が直接体に当たらないように、斜め上に向けて首ふり運転にします。 すると空気の流れが生まれて、エアコンが切れた後でも扇風機のつくる風により体感温度は下がります。 お腹や足元は、できるだけ冷やさないように、腹巻やあまり締め付けないふくらはぎサポーターなどで寝冷え対策をしっかり行いましょう。 電気毛布や電気敷き布団などは、電磁波の影響で自律神経を乱してしまうことになります。 布団の中が寒くて眠れない人は、寝る前にふとん乾燥機で布団を暖めるか、湯たんぽを使用しましょう。 一年じゅう電気毛布が放せない人や、電気毛布がないと不安だという人は、湯たんぽを2個でも3個でも使ってください。 就寝などに冷えを感じる場合も、薄手のマフラーを使用すると、よく温まります。素材はシルクかウールで。

まとめ

冷房病対策をいろいろとご紹介してきました。 夏は暑いし、冷房をつけると冷房病で体調が悪くなるし・・・となかなか快適に過ごせないものです。 ご紹介したもののうち、自分にあった対策をして、夏の冷房を乗り越えていきましょう。
スポンサードリンク