食パンを正しく保存してカビを防ぐ方法・対策で保存期間を伸ばす

food_bread (1) パンは多くの人が大好きな食べ物ですね。 でも、買ったばかりの食パンなのに、気がついたら食パンにカビが生えていた、なんてことはよくあることではないでしょうか? 私も何度も経験しています。 特に梅雨のジメジメした季節は、あっという間にカビが生えてしまいます。 そこで今回は、食パンにカビが生えにくい正しい保存法をご紹介いたします。
スポンサードリンク
  

Ⅰ、食パンにカビがどうして生えるのか?

食パンは、約38%の水分を含んでいます。 この38%という数字は、カビの生えやすい状況なのです。 さらに、パンという栄養分がありますので、食パンはカビにとって、居心地が良い条件が整っているのです。 食パンには、主にアオカビ、クロカワカビ、クロコウジカビなどのカビの発生がみられます。 春・秋季には、発育が緩やかで最適生育温度が比較的低いアオカビ、クロカワカビの発生がみられます。 夏季には発育が速く最適生育温度が高いクロコウジカビの発生がみられる傾向があります。 また、食パンには白カビが生えることもあり、見えづらいので注意が必要です。 ところで、カビは生えてしまった場合に、「カビが生えた部分を取り除けば食べられるんじゃないか?」とも思ってしまいがちです。 しかし、実はカビが生えていないと見える部分にもカビの菌糸が伸びています。 したがって、カビが生えてしまったら潔く諦めるしかありません。

Ⅱ、食パンを正しい保存法によってカビを防止する

1,食パンの袋はしっかりと密封する

食パンの袋は、しっかりと密封しておくことが基本中の基本です。 密封されていなければ、外気と触れることになるため湿気りやすくなります。 空気中の浮遊カビが付着しやすくなります。 そのため、しっかりと密封するようにしましょう。 食パンを開封したり、手作りした場合は、空気に触れないようにしっかりと1枚ずつラップをしましょう。 ブランデーなどのアルコール類を脱脂綿などに染み込ませて、食パンと一緒に入れておくと、アルコールの殺菌効果でカビの発生を抑止できます。 下のようなパン専用の保存容器を使うという方法もあります。

pos.184468 真空パンケース ポンプ付き BBR4N
価格:3546円(税込、送料無料)


スポンサードリンク

2,涼しく乾燥した場所で保存する

カビは、温かくて水の多い場所で繁殖しやすい性質があります。 パンは湿度が高いと湿気やすく、また栄養分もあるので、それによってカビの繁殖には最適の場所となってしまいます。 そのため、食パンは高温多湿の場所は避けて、なるべく温度変化のない涼しく乾燥した場所で保存するようにしましょう。 なお、食パンは周囲のにおいを吸い込んでしまう性質がありますので、芳香剤などのにおいの強いもののそばに置くのはやめましょう。

3,冷凍庫に入れて保存する

食パンをすぐに食べない場合には、確実にカビさせない方法として冷凍庫で保存する方法をおすすめします。 冷凍すると、食パンの水分まで凍りますので、パンの水分の蒸発も防ぐことができます。 食べる時には解凍すればいいだのです。 むしろ、解凍せずに凍ったままトースターでトーストしましょう。 トースターは予熱をしておくことで、表面をサクッと、中はフワッと焼くことができます。 解凍すると、パンがベチャッとしてしまいがちです。 食パンを切って1枚ずつラップやフリーザーパックに入れて保存しましょう。 アルミホイルに包んで冷凍すると、食べるときにはアルミホイルは取らずに、そのままオーブントースターで焼くと、熱が全体に行きわたり、美味しく焼くことができます。 なお、パンを保存するのに冷蔵はふさわしくありません。 それは、冷蔵室は乾燥していて、パンの水分が失われやすくなってしまうからです。 また、冷蔵は食パンに含まれるでんぷんの老化を早める温度なので、食パンの味が落ちることにもなります。

Ⅲ、食パンを保存できる期間

1,常温保存の場合

常温保存の場合は、2、3日を目途に消費しましょう。 冬期でも、5日以内に消費するようにしましょう。 ただし、クリームやフルーツ・野菜など生の食材を使ったパンの場合は当日のうちに食べるようにしましょう。

2,冷凍保存の場合

冷凍保存の場合、大体2週間~1カ月くらい持ちます。 ただし、おいしく頂けるのは2週間くらいまでですので、できるだけ味が落ちないうちにその期間で食べてしまいましょう。

3,硬くなってしまった場合

もし、食パンが硬くなってしまった場合は、おろし金でおろしてパン粉にしたり、クルトンにしてスープやサラダに利用したりすると、無駄なく消費できます。

Ⅳ、最近は、長期間保存可能な食パンが市販されている

通常のパンの賞味期間が2、3日であるのに対し、35日~180日という長期保存が可能な食パンがあります。 特殊な酵母を使っています。 この酵母で食パンを作ると、水分含有量が少なくなり、保存料無添加であるにも関わらず、カビが発生しにくく、長期間にわたりおいしさが長持ちします。 さらに、この酵母に含まれている乳酸菌が、糖を発酵して乳酸やアルコール、酢酸、炭酸ガスを生成し、生地のpHを低下させカビの生育を防止するのです。

まとめ

食パンの正しい保存法とカビ防止法をご紹介してきました。 食パンは、注意しないと、すぐにカビが生えてくる食品です。 すぐに食べる場合、すぐには食べない場合それぞれに適した食パンの保存法を実践してください。 カビが生えにくくなります。 ぜひ適切な保存方法を心がけて、カビ対策をしましょう。
スポンサードリンク