靴への防水スプレーの正しい使い方・使う頻度・応用など

普段、みなさんは、防水スプレーをあまり何も考えることなく使っていると思います。 私もそうでした。 防水スプレーには、実は正しい使い方があるのです。 また、防水スプレーは、靴や傘だけでなく、色々なものに使えるのです。 そこで今回は、靴に使うときの防水スプレーの正しい使い方や、 こんなことにも使える、ということをご紹介いたします。
スポンサードリンク
  

Ⅰ、防水スプレーが使える素材と使えない素材

防水スプレーには使える素材、使えない素材があります。

防水スプレーが使える素材

●皮革靴 ●スエード靴などの起毛系

防水スプレーを使ってはいけない素材

次のものは、防水スプレーを使ってはいけない素材です。 シミなどの原因になるからです。 ●オイルドスエード ●オイルドレザー ●ヌバック ●シープスキン ●ワニ革 ●ヘビ革 ●ハラコ お手入れ方法を購入時に店員さんに確認しましょう。

防水スプレーを使ってもあまり意味がない素材

次のものは、そもそも防水スプレーを使ってもあまり意味がないものです。 ●エナメル  防水スプレーの効果がありません。 ●登山靴系  登山靴などは、元々完全防水されています。 靴を購入した際に店員さんに「この靴に防水スプレーは使えますか?」と聞くといいでしょう。

Ⅱ、防水スプレーの正しい使い方

1,防水スプレーにも種類がある

防水スプレーにも、種類があります。 「フッ素系」「シリコン系」の二種類に大別されます。 シリコン系は、対象物を包んでバリアを作るイメージです。 撥水効果が強力な代わりに蒸れやすいです。 蒸れが問題にならない傘やレインブーツ、マリンスポーツウエアなどに向いています。 フッ素系は、繊維を細かくコーティングして水を弾きます。 多くの防水スプレーがフッ素系です。 適度に通湿性があり、皮革製品に最適です。 商品の用途欄を見ると「皮革用」「衣類・布用」「金属用」などと記載されていますので、しっかり確認してから使いましょう。 たとえば、人気の「アメダス」という防水スプレー。フッ素系の防水スプレーです。

少し高いですが、革から布までいろいろつかえます。 防水スプレーが使えないヌバックなどの天然皮革の靴にも使用できます。 どれを買うか迷ったら、アメダスを購入しておくとよいでしょう。

スコッチガード 衣類・布製品用 170ml >>防水スプレー,スコッチガード
価格:777円(税込、送料別)

スポンサードリンク

Scotchguardも人気です。 しかし、これは撥水で、衣服など、布類のみに効果があります。 靴に使う場合は、靴用が販売されていますので、それを使いましょう。

2,防水スプレーの基本的な使い方

直接吸いこむと身体に悪いので、換気のよい場所で行います。 汚れを一緒に固める事のないように、スプレー前に汚れをきちんと落とします。 靴から15~20cm離して、スプレーが一点に固まらず全体に均等にかかるようにします。 2周するくらいが良いです。 かけすぎるとシミにもなりやすいです。 くっつけ過ぎてもシミになります 使い終わったら、乾かします。 乾くまでの所要時間は、15分ぐらいのものもあれば、8時間かかるものもあります。 乾いてからでないと効果を発揮しませんので、 使う直前でなく、事前にスプレーしておきましょう。 前の晩にスプレーしておくのがいいですね。

3,防水スプレーを使う頻度

一番賢い使い方は、衣類や小物などを買ってきたらすぐ、防水スプレーをかけて乾かしておくことです。 でも、防水スプレーを買ったときにしたまま、それ以来していないのではありませんか? 防水スプレーを使う頻度は、靴を履く度に使うのが望ましいのです。 そこまで汚れていなさそうであれば、3回に1回のペースでも良いでしょう。 最低でも1ヶ月に1回の頻度で、靴を綺麗に磨いて防水スプレーを掛けましょう。

Ⅲ、防水スプレーの応用編

1,汚れ止めとしても使える

防水スプレーは、水を防ぐだけでなく、油などへの汚れ止めとしても使えます。 たとえば、スニーカーのキャンパス地の部分。 これを磨くことはできませんが、防水スプレーで靴のキレイを維持できます。 エナメル素材には、防水スプレーを使っても意味がないと説明しましたが、 汚れをとるという面では効果があります。 靴をきれいに保つためには、防水スプレーは欠かせません。

2,靴以外にも使える

素材さえ合えば靴以外の洋服やバッグなどにも使えます。 その場合は上記の「使ってはいけない素材」に該当しないか確認しましょう。 バッグや小物の場合、スプレーする前にまずは汚れを落としましょう。 その後、目立たない部分で、色落ち、変色などがないか確かめるようにします。 布製バッグはスプレー・乾燥中に型崩れを生じる場合があるため、中に新聞紙等を詰めてから使用してください。

まとめ

ご紹介したように、防水スプレーはいろいろと使えます。 しかし、正しい使い方、使っていい素材・悪い素材などをしっかり理解して使わないと、素材を痛めたりして大変なことになります。 基本的な使い方を充分理解して、防止スプレーをうまく活用しましょう。 そして、せっかく買ったものを長持ちさせましょう。
スポンサードリンク