シミ抜きのコツ・裏技(インク、血液、赤ワイン、しょうゆ、果汁など)

あっ、しまった! お気に入りの服にシミをつけてしまうことがよくありますね。 他人の服を汚してしまった場合は、もう大変です。 一度ついたシミはなかなか落ちないものです。 また、シミがついた最初の処置が正しいかどうかで、シミがどのくらいとれるかが決まります。 知っておくと、いざというとにとても役立ちます。 今回は、シミがついた場合の応急処置法や、家庭でできるシミ抜きのコツ・裏技をご紹介します。
スポンサードリンク
  

まずは、シミの種類を知ろう

シミにも種類があります。 「水溶性のシミ」、「油性のシミ」、「不溶性のシミ」の三種類があります。 シミの種類によって、その対処法が変わります。 まずは、シミがどの種類に該当するかを見分けましょう。

水溶性のシミ

くっきりと澄んでいるのが「水溶性のシミ」の特徴です。 「水溶性のシミ」の代表的なものには、次のものがあります。 ・しょうゆ・ソース・ケチャップ・コーヒー・紅茶・緑茶・コーラ・酒・果汁 ・血液

油性のシミ

縦横に線が入っているのが「油性のシミ」の特徴です。 「油性にシミ」の代表的なものには、次のものがあります。 ・口紅・ファンデーション ・クレヨン・クレパス・ボールペン、朱肉 ・肉料理

不溶性のシミ

なんとなくぼんやりしているのが「不溶性のシミ」の特徴です。 「不溶性のシミ」には次のようなものがあります。 ・サビ・カビ・タバコのヤニ ・墨汁

そのシミの種類なのかわからない場合

見た感じでどのシミかわからない場合は、シミにスプレーで霧をかけてみましょう。 シミの部分が霧をはじいているようなら「油性のシミ」、 シミが霧を吸って、まわりの布地より色が濃くなったら「水溶性のシミ」、 そのどちらでもないものは「不溶性のシミ」ということになります。

意外なシミ

意外なのが、カレーやマヨネーズ。 油分より水分のほうが多いので「水溶性のシミ」です。 チョコレートのように、水分と油分両方の処理をしなければならないものもあるので要注意です。

シミの応急処置の原則

シミの応急処置の大原則

食べ物を服にこぼしてしまったとき、慌ててゴシゴシとこすってしまいがちです。 これは絶対にやめましょう。 汚れを広げてしまいますし、ほかの部分にまで汚れをつけてしまいます。 さらに、服の素材も傷めてしまいます。 応急処置の基本は「つまむ」です。 また、お店のおしぼりは漂白処理されていることがあるので、デリケートな繊維には使わないほうが安全です。

シミ抜きのコツ

シミ抜きのコツをひと言でいえば、「シミを元の形にもどす」ことです。 古くからいわれています。 ・水溶性のものなら、水で、 ・油性のものなら、油性のベンジンなど でシミを抜くということです。

いろいろなシミ抜きの方法

インクのシミ抜き

インクのシミは、ついてすぐなら水洗いで落ちます。 しかし、時間が経ってしまうと厄介です。 そんなときは、レモンのスライスに塩をふりかけたものでこすりながら、 水洗いをしてみましょう。 レモンの漂白作用で、次第にシミが薄くなってきます。

赤ワインのシミ抜き

赤ワインのしみがついてしまったときは、白ワインで叩きましょう。 ティッシュかハンカチなどに白ワインを含ませてトントンします。 白ワインに含まれるしょう酸成分が、赤ワインの渋に働きかけてシミを目立たなくします。

カレーのシミ抜き

カレーのシミを落とすためには、まず油分を落としましょう。 カレーの黄色はターメリックでそれが原因でシミができるため、ターメリックを落とすことがカレーのシミ抜きの基本です。 しかし、カレーにはターメリック以外にもたくさんの油分が含まれています。 まずはシミがついた部分に台所用洗剤を垂らして油を浮かします。 シミの部分で油が浮き上がったら、さらにシミの部分を両手でつまんでもみほぐします。 その後、水で簡単にすすいでください。 ここまでやっても、まだ薄く黄色が残ることがあります。 その場合は、酵素系漂白剤を使って漂白作業を行います。 念のため、漂白作業をする前に、色落ちテストを必ず行いましょう。 色落ちテストに合格したら、漂白剤をつけた歯ブラシでシミの部分を優しく叩いていきます。 こうして漂白剤をしっかりとなじませたら、あとはいつも通りに洗濯すればOKです。

万能洗剤<清潔小町>高性能スプレーボトル 除菌 消臭 漂白 酸素パワー マルチクリーナー
価格:486円(税込、送料別)

スポンサードリンク

口紅のシミ抜き

口紅のシミは、台所洗剤を使います。 台所洗剤を原液のまま口紅のシミ部分につけます。 口紅のシミ部分よりも少し多めにつけるのがコツです。 指先を使って洗剤と口紅がなじますようにやさしくなでます。 いきなり強く揉むと、口紅のシミが衣類の奥に入り込んで取れにくくなります。 その後、手で少し強く揉むと取れやすくなります。 台所洗剤が口紅のシミを包み込んだら、ぬるま湯ですすぎます。 状況によりこの作業を繰りかえします。

血液のシミ抜き

血液のシミには、水で洗います。お湯洗いは禁物です。 それでも落ちない血液のシミには、大根おろしを使います。 少量の大根おろしをガーゼでくるみ、シミ部分を叩いていきます。 大根に含まれる酵素が、シミを消してくれます。

チョコレートのシミ抜き

チョコレートのシミは、油性のシミです。 ほとんどの場合、台所洗剤でもみ洗いすると比較的簡単に取り除ける場合が多いです。 チョコレートのシミ部分を少し水で濡らして、台所洗剤をつけます。 そして、手でやさしくもみほぐして水ですすぐとチョコレートのシミは、大抵取り除けます。 どうしても取れないチョコレートのシミは、ベンジンを使用してみましょう。 ベンジンを歯ブラシなどに付け、衣類をやさしく叩きます。 その後、台所洗剤などで揉み水ですすぎます。

コーヒー・紅茶のシミ抜き

コーヒーや紅茶は染色の材料にも使われるほどに手強い相手です。 放置すると、取れなくなることもあります。 こぼしてすぐなら、水でも落とせます。 あとが残るようなら、糖分の入っていない炭酸水を使います。 布にたっぷり含ませて叩くようにしてシミを取ります。

ソースのシミ抜き

ソースのシミがついたときの応急処置には、脇の下などに使う汗止めパウダーをふりかけます。 粒子が細かくて吸収力にすぐれていますから、ソースを吸い上げてくれます。 ソースをたっぷり染み込ませたら、ブラシで払います。 あとは、ぬれタオルで叩くようにしお問います。

しょうゆのシミ抜き

しょうゆのシミがついた場合には、その下に四つ折りにしたタオルをおき、たっぷりお酒をしみこませた布で汚れ部分を上からおさえます。 すると、下に敷いたタオルにしょうゆが落ちていきます。 きれいな面を使って繰り返せば、きれいになります。

ファンデーションのシミ抜き

ファンデーションが洋服についてしまったときは、化粧水をコットンに含ませ、 洋服をトントンと拭き取ります。 化粧水には、アルコールが含まれているので、汚れがきれいに取れます。

マニキュアのシミ抜き

マニュキュアのシミに対しては、ベンジンやシンナーなどを使って叩き出すように落とし、漂白します。 除光液でも結構です。灯油でも大丈夫です。

香水シミ抜き

香水は香り成分をアルコールで溶かしていますから、シミ抜きにはアルコールを使います。 布地の下にタオルなどをあて、アルコールを染み込ませた布で叩き出すようにしてシミを抜きます。

果汁のシミ抜き

果汁は、ついてすぐは水でつまみ洗いすればOKです。 しかし、放って置くと茶色の頑固なシミになってしまいます。 こんなときは、酢を布につけて叩き洗いします。 それでも落ちないなら、ホウ酸水を使ってみましょう。

墨のシミ抜き

墨のシミに対しては、ご飯粒を使います。 まず、水道の水を細くして、爪を立てるようにして汚れ部分を洗います。 次にご飯粒と石鹸水を混ぜ練ったものをたっぷりとつけて、裁縫用のヘラで汚れをしごき出します。 汚れが取れたら、もう一度水で洗います。 ご飯粒の代わりに、歯磨き粉(練り歯磨き)を使ってもOKです。

まとめ

シミの応急処置や、さまざまなシミに対するシミ抜きの方法をご紹介しましたが、 いかがでしたでしょうか。 シミはいつできるかわかりません。 特に日頃から、シミ抜きの正しい応急処置法を知っておくと、突然やってくるシミへの対処ができ、その後のシミ抜きが楽になります。 ぜひ、ご紹介したシミの応急処置やシミ抜き法をご活用いただきたいと思います。
スポンサードリンク