エクセルの書式設定を一瞬で開く方法|表示形式、罫線、配置、色など

表計算ソフト「エクセル(Excel)」で、表示形式はもちろんのこと、罫線の太さや表示の位置を変える場合など、エクセルでは、書式を変更することがとても多いですね。

書式を変更するには、右クリックなどで「セルの書式設定」ダイアログを開くことになります。
しかし、これが結構時間がかかってイライラしませんか?

そこで今回は、エクセル(Excel)で、「セルの書式設定」ダイアログを素早く一瞬で開くワザをご紹介しましょう。

エクセル(Excel)でよく使う「セルの書式設定」

面倒な「セルの書式設定」を開く

表計算ソフト「エクセル(Excel)」で、「日付表示にする」「数字を%表示にする」「小数のケタ数を指定する」「セルの表示位置(配置)を指定する」「文字のフォントや大きさを指定する」「罫線を引く」「色をつける」などなど、エクセルでは、書式を変更することがとても多いですね。
セルの書式設定

ただ、メニューバーの「書式」→「セル」や右クリックの「セルの書式設定」でダイアログを開くのはとてお面倒ですし、初めて開くときは、少し時間がかかるのでイライラします。

スポンサーリンク

「セルの書式設定」を一瞬で開くワザ

「Ctrl」+「1」

誰よりも素早く「セルの書式設定」ダイアログを開くワザがあります。

それが、「Ctrl」+「1」(数字の1)です。
「Ctrl」+「1」

コントロールキーを押しながら数字の1キーをチョンと押すのです。

数字「1」キーはテンキーの「1」ではない

ここでの数字の1キーは、キーボード左上にある「1」のことで、テンキーの「1」ではありませんので注意してください。
「1」

書式を変えたいセルを範囲指定した後、「Ctrl」+「1」で「セルの書式設定」を一瞬で開けます。
このワザなら、入力中あっても、すぐに「セルの書式設定」を開けます。
つまり、Excelシート作成中に思いのまま書式が変えられる効率ワザなのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、エクセル(Excel)で、「セルの書式設定」ダイアログを素早く一瞬で開くワザをご紹介しました。
簡単ですよね。
ぜひ、この方法で「セルの書式設定」を開くことを早く習慣にして、効率よくエクセル(Excel)シートを作成しましょう。