3種類のカード違いと選び方|クレジットカード、プリペイドカード、デビットカード

カードを使った決済手段には、クレジットカードプリペイドカードデビットカードの3種類がありますね。
この3種類のカードですが、どれを使ったらいいのか悩みませんか?

そこで今回は、クレジットカード、プリペイドカード、デビットカードの3種類のカード決済について、その違い、メリットを説明し、その選択方法もご紹介しましょう。

スポンサーリンク

3種類のカード違い・特徴|クレジットカード

クレジットカード

クレジットカードとは?

クレジットカードは、お店に対する支払いをカード会社に立て替えてもらい、後からカード会社に代金を支払う“後払い”のカード決済手段です。

クレジットカードの特徴

クレジットカードには、次の特徴があります。

事前審査がある

クレジットカードでは、カード会社が一時的に支払いを立て替えていることを説明しました。

もし、クレジットカード利用者が、カード会社に代金の支払いをしないと、カード会社に当然損害が発生します。

そのため、カード会社は、そのようなことがないように、カード契約時に利用者の支払い能力を調べておく必要があります。

クレジットカード作成時にカード会社の審査があるのは、カード会社が支払いを滞納されてしまうリスクを避けるためです。

後払いでいい

クレジットカードは、デビットカードのように買物等をしたときに同時に銀行口座から代金の引落しがある訳ではありません。

銀行口座から引落になるのは、早くて翌月ですし、翌々月になることもあります。

つまり、クレジットカードを持っていれば、預金口座に残高がなくても買物ができてしまうのです。

利用限度額がある

クレジットカードには、利用限度額というものがあることも特徴です。

預金口座に残高がなくても、クレジットカードを持っていれば買物等ができるため、ついつい買いすぎてしまう可能性もあります。

利用限度額を設けないと、明らかに翌月などに引落しができない金額まで利用してしまい、引落しができず、カード会社が損害を多く被ることになるからです。

利用できないお店がある

クレジットカードを持っているからといって、利用限度額以内でもいつでも利用できるとは限りません。

それは、各クレジットカード会社によって加盟店が異なるからです。

VISAカードとマスターカードの2つにしか加盟していないお店の支払に、JCBカードを提示しても利用を断られてしまいます。
加盟しているカード会社のカードではないからです。

年会費が無料のカードと有料のカードがある

クレジットカードでも、年会費無料のものもあれば、有料のものもあります。

年会費無料のものとして、だとえば、楽天カードやセゾンカード、イオンカードが代表的です。

また、初年度だけ年会費無料で、2年めから有料となるカードもあります。

年会費が有料のカードでも、カードの種類によって年会費が異なることが普通です。

たとえば、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)の場合の年会費は次のようになっています。(2019年5月現在)

カード種類 年会費(税抜)
ANA アメリカン・エキスプレス・カード 7,000円
アメリカン・エキスプレス・カード 12,000円
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 29,000円
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 31,000円
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 130,000円
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
(ブラック・カード)
350,000円(非公式)

支払方法が選択できる

クレジットカードは後払いのため、支払方法が選択できるのも特徴です。
一括払いだけでなく、分割払いリボ払いボーナス払いといった支払い方法が選択できるのも便利なところです。

ただし、一括払い以外の支払方法を選択すると、かなり高い手数料(利息)がかかりますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

3種類のカード違い・特徴|プリペイドカード

プリペイドカード

プリペイドカードとは?

プリペイドカードは、事前にお金をカードにチャージ(入金)しておけば、カード加盟店で買物等で使用が可能なものです。

交通系ICカードがプリペイドカードの例としてわかりやすいかと思います。

Suica(スイカ:首都圏、仙台、新潟)、PASMO(パスモ:首都圏)、manaca(マナカ:名古屋)、TOICA(トイカ:三重・岐阜・愛知・静岡)、ICOCA(イコカ:近畿・岡山・広島)、Kitaca(キタカ:北海道札幌)が代表的な交通系ICカードです。
全国の主な交通系ICカード

(引用:https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK15016_V10C13A5000000/

プリペイドカードの特色

プリペイドカードには、次の特徴があります。

審査不要

プリペイドカードは、カード作成時に審査が不要なことが多いです。

なぜなら、プリペイドカードは前払い式ですから、利用者がチャージした金額内でしか利用できず、代金未回収ということがないからです。

ただし、カード作成時に本人確認書類の提出が必要なことがあります。

銀行口座(預金口座)が不要

クレジットカードの支払いは、銀行口座からの引き落としのため、クレジットカード作成時には、振替先銀行口座がないと申し込みできません。
銀行口座

それに対し、プリペイドカードの場合は、銀行口座は不要です。

なぜなら、駅やコンビニなどでプリペイドカードにお金をチャージするからです。

年会費不要

プリペイドカードは、年会費が無料なものがほとんどです。

ただし、カード会社によっては、発行手数料・発送手数料(郵送手続きが必要な場合)・チャージ手数料などの各種手数料が発生する場合があります。

そのうち、チャージ手数料は、銀行やコンビニからチャージするとかかりますが、同一ブランドのクレジットカードからチャージした場合には無料となるケースが多いようです。

チャージが必要

プリペイドカードの多くは、チャージが必要になります。
カード残高がなくなってしまうと、利用制限がかかってしまうからです。

ただし、オートチャージといって、カードの残高が一定額を切ると、クレジットカードなどから自動的にチャージがされるプリペイドカードもあります。

スポンサーリンク

3種類のカード違い・特徴|デビットカード

デビットカード

デビットカードとは?

クレジットカードが後払いであるのに対して、デビットカードは支払いの瞬間に銀行口座から即時に代金が引落されます。
銀行口座の残高の現金をそのまま持ち歩いているようなイメージです。

デビットカードを発行しているカード会社の加盟店であれば、クレジットカードと同じように使用可能です。

デビットカードの特徴

デビットカードには、次の特徴があります。

審査なし

デビットカードは、代金支払いの際に即時に銀行口座から引き落としされる同時決済のしくみです。

クレジットカードのように、立て替えたお金が支払われないリスクがありません。

そのため、多くのデビットカードでは、カード作成時に審査がありません。

ただし、本人確認書類や代金を引落す銀行口座の登録は必要です。

チャージが不要

プリペイドカードのように、チャージする必要はありません。
ただし、引落口座の残高が不足する場合は、口座への預け入れが必要になります。

スピーディーな支払が可能

デビットカードの多くは、加盟店の代金支払時においてカードリーダーにタッチするだけのスピーディーな支払いが可能になっています。
スピーディーな支払

クレジットカードのように、書類に署名(サイン)したり、暗証番号を入力をしたりすることはありません。

銀行口座に支払う金額分以上の残高がないと利用不可

デビットカードは、同時引落しですから、預金口座に必要な残高がないと決済できません。
つまり、預金口座にある残高分しかデビットカードを使用することができないのです。

ということは、預金口座残高でストップがかかり、お金を使いすぎる心配はありませんね。

スポンサーリンク

3種類のカードの選択方法|結局どのカードを選んだらいいのか?

3種類のカードの違いと特徴を説明してきましたが、結局どのカード使うかをどのように選択すればいいのでしょうか。

主な選択基準をご紹介しましょう。

利用限度を設定したい

あらかじめ決められた額のみ使いたい場合は、プリペイドカードがいいでしょう。
チャージした金額までしか使うことができません。

チャージが面倒でも使いすぎが心配な人はデビットカードが適しています。

審査の有無で決める

クレジットカード発行には審査があり、さらには、年齢制限もある場合があります。
事前審査や年齢制限に引っかかってしまう場合には、プリペイドカードやデビットカードを選択しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、カード決済手段の3種類(クレジットカード、プリペイドカード、デビットカード)について、その違いや特徴、選択の方法について説明してきました。

最近では、カード決済だけでなく、スマホ決済も広がりつつあります。

今回の記事を参考に、その支払手段が自分には適しているかを考えてみましょう。