クリーニングを自宅でする方法|ネクタイやニット、ぬいぐるみなど

洗濯表示にドライマーク表示がついていると、自宅ではクリーニングができないと思いますよね。
でも、型くずれしやすかったり、風合いが変わりそうな衣類以外は自宅クリーニングができます。
そこで今回は、自宅でクリーニングをする方法をご紹介します。

自宅でクリーニング|ドライマークつき衣類



(1)えりやそでなど汚れがついている部分を表にしてたたみます。その際、ファスナーやボタンは閉じます。
(2)洗濯槽の水流で衣類が踊ると型くずれを起こします。必ずネットに入れてください。
(3)洗濯槽に水をため、そっと沈めるように衣類を入れます。水温は少し冷たいと感じる30度がいいでしょう。
(4)洗剤投入口に、ドライマーク衣料対応の洗剤を指定の分量入れます。必ずドライマーク衣料対応洗剤にします。
(5)洗濯機の手洗いコースかウールコースなど、水流は弱めのコースに設定します。
(6)脱水は5秒から30秒程度にします。
(7)洗濯物をハンガーにつるし陰干しします。そでを肩にのせておくと、そでの伸びが防げます。

スポンサーリンク

自宅でクリーニング|水洗い不可表示の衣類

水洗い不可表示
(1)洗面台に水を張り、ウールなどデリケートな衣類用洗剤を指定の分量加えます。
(2)型くずれしないようにきちんとたたんで洗剤液につけます。そして、やさしく押し洗いします。
(3)栓を抜いて水を流します。衣類はそのまま置いておけばOKです。
(4)栓をして、再び水を洗面台に貯め、押し洗いの要領で水を何回か替えてすすぎをします。
(5)すすぎ水に柔軟剤を入れると、ふっくらとした仕上がりになります。
(6)水を抜き、洗機で10秒から15秒脱水します。
(7)脱水したらすぐに取り出し、軽くたたみ直します。
(8)ピンチハンガーの上に洗濯ネットを敷きます。
(9)型くずれしやすいセーターは、洗濯ネットを敷いたピンチハンガーの上で平干しします。
(10)半乾きの状態でハンガーにつるすと、洗濯中についたしわが伸びますよ。

スポンサーリンク

自宅でクリーニング|洗濯物別

毛布



(1)浴槽に10kmくらいの水を張り、洗剤を溶かします。毛布がドライマークつきなら専用洗剤を使います。
(2)たたんだ毛布を洗剤液に浸し、足で踏み洗いをします。全体を踏み洗いするため、ときどき毛布の向きを変えます。
(3)栓を抜き、水を流したら、今度は5cmくらいの水を張りすすぎます。これを何度か繰り返します。
(5)仕上げに柔軟剤を加え、3分ほどそのままつけておきます。
(6)水を抜きますが、かなりの量の水がしたたりますので、浴槽のフチにしばらくかけて水きりをします。
(7)2本のさおでM字になるように毛布をかけて陰干しします。そうすると、風通しがよく、乾きも早くなります。
(8)毛布が三角形になるように干しても良いです。その際には、先端を少しずらすと、風通しがよくなります。

スーツ



(1)夫のスーツは洗濯機で「洗える」ものを選びます。汗ばむ夏に最適です。
(2)洗う前にポケットの中をチェックします。
(3)スーツをたたみ、上下を別々にネットに入れて洗濯機へ入れます。
(4)水洗いで水流は弱です。
(5)脱水は20秒ぐらいにします。
(6)干す前に、えりだけアイロンをかけておくと、あとは水の重さで洗いじわが取れますよ。

このように、スーツをネットに入れてアイロンをかけるという手間さえかければ、クリーニングはシーズン終了時1回ですみます。

ニットのセーター

タバコなどのにおいがついたセーターは ドライヤー温風でにおい消しをします。


(1)においを吹き飛ばすようにセーターにドライヤーの温風を当てます。
(2)2分から3分間ほど、セーターの前から後ろへと風を通すと、いやなにおいが消えます。

コート

コートも自宅で洗濯ができます。


コートを自宅で洗濯する際のポイントは、洗剤です。おしゃれ着用の洗剤を用意します。
(1)装飾品を外します。ポケットの中身も確認しましょう。
(2)えりやそでの部分など、特に汚れが気になる部分からきれいにしていきます。
汚れの部分に、直接おしゃれ着用の洗剤を部分的につけ、歯ブラシでポンポンと軽くたたきます。
(4)ファスナーやボタンを閉じて、半分に折りたたみます。シワにならないように、フワッとたたみます。
(5)コートをネットにいれます。
(6)洗濯機の「ドライコース」とか「お家クリーニングコース」を洗濯します。
(7)脱水します。脱水時間は、30秒から1分程度です。
(8)洗い終わったコートは、日陰で平干しします。コートは重たいですから、しっかりしたネットを使いましょう。

ネクタイ

ネクタイは、次の手順をしっかり守ることで、自宅で洗濯してシワのないきれいなネクタイにすることができます。


ただし、シルク100%のネクタイは、非常に繊細で毛羽立ちやすいため自宅での洗濯は向きません。
また、プリントされたネクタイは、色落ちしやすいため、自宅での洗濯に向きません。
これらは、自宅での洗濯は避け、クリーニングへ出しましょう。
(1)ネクタイが乾いてる状態で、シミを親指と人差し指で挟み優しく揉み、綿素材の布に少し洗剤をつけ、シミを軽くたたいて落とします。
(2)洗面器に約40度のぬるま湯を張ります。
(3)ドライマーク衣料用中性洗剤を20mlほど入れてよく混ぜ、そこへネクタイ全体が浸かるようにゆっくりと入れます。
(4)5分ほどネクタイを浸けたら、ネクタイを洗面器の中でゆらゆらと泳がせて洗います。
(5)ネクタイの汚れが落ちたら、何度も水を取り替えてすすぎ作業を行います。
(6)ネクタイの芯地を整え、バスタオルで優しく包みます。上から軽く力をかけて、水分を吸い取ります。
(7)幅広のハンガーにネクタイをかけて、直射日光が当たらない風通しのよい場所で、半日~1日陰干しします。
(8)最後にネクタイにアイロンをかけます。アイロンはスチームアイロンを使用し、温度は150~160度(低温~中温)にします。
その際、アイロンは直接ネクタイに当てるのではなく、1cmほど浮かせた状態でスチームを当てるようにしましょう。

ぬいぐるみ

薄汚れたぬいぐるみは、塩シェイクできれいになります。


(1)袋の中にぬいぐるみと塩大さじ1杯から2杯を入れます。
(2)ぬいぐるみが入った袋を上下左右に振り回すと、塩が汚れとにおいを吸着してくれます。
(3)ぬいぐるみの薄汚れた感じはなくなり、清潔なぬいぐるみによみがえります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、自宅でクリーニングをする方法をご紹介しました。
意外に自宅でクリーニングが可能なものがありますよね。

ただし、洗濯表示をよく読み、洗剤の分量もきっちり指定量にすること、脱水時間を短くすることが失敗を防ぐポイントです。

【関連記事】
スーツを自宅で洗濯するおすすめの方法|毎回クリーニングに出す必要なし